講演の依頼をしてイベントを成功させよう│準備を入念に行なう

女性

日本人の心をゆさぶる迫力

太鼓

古来から使われた音色

和太鼓は、三味線や琴などと共に日本古来からの楽器です。昔から能や歌舞伎、祭りには欠かせない打楽器として、日本人の心にしみ込んでいる音色です。和太鼓の音はよく通り、それでいて余韻があり、心地よい振動を感じます。演奏する人が多ければ多いほど、音が壮大に響き渡り、迫力が増してゆきます。和太鼓は非常に古い歴史があり、縄文時代からあったとされ、日本神話の天岩戸の場面では、岩戸の前で演奏しているものの一つに和太鼓があります。音を鳴らして知らせたりする伝達の手段から、演奏して曲の一部として使われるようになると、お囃子太鼓や能や歌舞伎の演奏に用いられるようになりました。また戦における統率をとるための目的や、時間を知らせる時報の役割もありました。

イベントで大盛り上がり

そんな和楽器ですが、今ではもっぱらイベントなどで演奏されるものとして定着しています。お祭りや盆踊りにはもちろんのこと、プロの演奏集団も現れ、和太鼓は様々な形で浸透しています。特にイベントで行われる演奏では、太鼓を叩く人々の掛け声や、合間に行われる踊りなども工夫され、太鼓がショーのように楽しめるものになっています。太鼓には両面打つタイプと片面のものがあり、それぞれを組み合わせることで生まれるハーモニーは絶妙です。最近では和太鼓と、エレキギターやピアノなどを合わせた和洋折衷の音楽グループも日本のみならず海外からの賞賛を受けています。また、和太鼓を叩いて点数を競うアーケードゲームの人気もあり、和太鼓はまだまだ日本人から絶大な人気を誇っています。